管理職の役割 - 会社の役職

会社の役職 > 管理職の役割
労働事情

管理職の役割

管理職とはどの様な条件を言うのでしょうか。
通常は役職が課長以上であり、労働組合を脱退しており、マネジメント業務に専念する役職者を指すことになります。
経営に直接係わる訳ではないですが、年収も一般社員よりも多く幹部候補と扱いを受けることが多いでしょう。

終身雇用での管理職昇格は、大変重要な意味を持っています。
ある年齢までに課長になれなければ、出世競争から脱落することになり、給与が上がることも望めません。
誰が誰を昇進させるかは、事業部の役員又は、事業部長クラスの場合がほとんどです。
会社規模が1000人以下の場合には、社長が決める場合が多い様です。
課長になるにも組織内では課長ポストが決まっており、競争も激しくなるでしょう。

管理職の多くは事業部や会社の成果に直接係わっており、人心掌握ができ、上司からの信頼が厚い人がなるとされています。
近年では年功序列で役職が回ってくるといったことは少なくなっている様です。
実力と実績が評価の基準となり、成果を上げた人が管理職へと昇格するようになってきています。

管理職として求められることを学ぶための研修

民間企業であれ役所であれ、管理職になる前となってからについて相応に研修を受ける流れとなります。
この研修では、管理職としての心構えなどを学ぶ場となりますが、近年ではセクシャルハラスメントいわゆるセクハラであったり、あるいはパワーハラスメントいわゆるパワハラであったりといったように、上司と部下という関係以前の人間関係について、犯罪行為につながりかねない問題を避けることや、そうした知識ややってはいけない行為などを部下にしっかりと認識させることも、この管理職としての仕事です。
そのためにこその研修ということでもあります。
組織にとって部下を統率していく立場として、ふさわしい行動と発言が求められるところではありますが、それ以外でもそうした行動ができるように部下をしっかりと統率していくことが求められている立場です。
こうした管理能力以外でも、部下の能力を引き出していくことやあるいはその部下の管理を行っていくことなどが重要となっていきます。
つまり、今までの一従業員として与えられた仕事だけをしていればいい立場から、今後は部下に仕事をしっかりとしてもらうことやその仕事の評価をしっかりと行っていくことがメインの仕事となっていきます。
そうした行動がしっかりと出来るような人材になるためのものでもあるのです。
組織が円滑に動いていくためには、管理を行う立場の人間がしっかりと部下のやる気を引き出していくことも求められています。

注目サイト

垂水の賃貸マンション、不動産情報。

垂水 賃貸

ビッツの洋服をお探しの方はお任せください

ビッツ

最終更新日:2018/10/19

top