事務職の重要性 - 会社の役職

会社の役職 > 事務職の重要性
労働事情

事務職の重要性

事務職とは、通常一般職とも言われています。
役割としてはアシスタント的な仕事がメインとなり、書類関係を整理することや、部門毎の必要な準備をすることが仕事になる様です。
営業事務、貿易事務、一般事務、経理事務、秘書業務などが事務職の仕事となります。

事務職は業務の全面で活躍するといった職種ではありませんが、営業であれば得意先周りに必要な書類や連絡、営業成績に直結する資料や材料などを収集し、営業スタッフが売り上げを伸ばすことができる様にサポートする役割となっています。
相手のことを考えることができ、一歩先を読む行動も必要となる訳です。
又、車内でのコミュニケーションを円滑にし、緊急事態が起こらないように気配りや周囲への配慮ができるといったことも必要なことです。
依頼された仕事に対しては正確な丁寧な仕事をすることも重要です。

第一線に立っての仕事ではないですが、会社の重要な成果を支える仕事であることには、間違いありません。
事務職での成果を評価され昇進することもあり得るのです。

recommend

スマホ 修理 川崎

2018/10/25 更新

top