経理の役割とは - 会社の役職

会社の役職 > 経理の役割とは
労働事情

経理の役割とは

経理は会社のお金に関することを、全て記録する仕事です。
但し、会社の規模により経理の仕事は違います。
基本的な経理業務は大別すると現金管理、預金管理、収益、費用のバランス分析、決算と納税、予算策定、月次決算があります。

現金管理は経理業務の中では基本とされているもので、現金の日々の動き、入出金の記録と管理となります。
預金管理は現金管理と同様に日々の仕事として重要な仕事で通帳記帳、現金の預入、引き出し、振込等を行い、仕入と売掛を締め、請求書の発送や支払いの準備をします。
収益、費用のバランス分析は、入出金のバランスを確認し、出ていくお金が多ければ改善策を立て、費用を圧縮する具体策を提案し出費を抑える様に手配します。

決算と納税は経理の最重要業務です。
決算によって会社の儲けがどれだけあるか、会社の財政基盤は安泰かを公にすることになります。
企業の成績発表をする業務となる訳です。
予算策定は決算が終わると経費や内訳が明確になり、その内容によって次の経営に影響する資料を出し、来期の予算を組み立てることをします。
月次決算は毎月の経営状況を計るために、内部資料として作成することが多い様です。

おすすめWEBサイト 5選

ビーズの卸売り

最終更新日:2017/10/19

top